日本一の理由

人口1万人あたりの焼き肉店の数が、日本一

飯田の街は、1ヵ所にまとまった焼き肉店街があるのではなく、小さな店が点在しています。
まるで都会のコンビニさながら、10分も歩けば、
次の焼き肉店が出てくるといった具合です。

最近は地域の魅力発信イベントである、
焼き肉を食しながらライブを楽しむ
「焼來肉(やきにく)ロックフェス(通称ヤキフェス)」
が人気になっています。

焼肉店一覧を見る >

飯田焼肉あるある

長野県の南にある飯田市は、
「コンビニより焼肉店のが多い」
「家庭によって独自の焼肉のタレを持ち合わせている」
「代表的な飯田焼肉として黒モツがメジャーである」
「飯田の人にとって焼肉は特別なものでなく生活の一部」
「ハラミよりサガリのがポピュラー」など
飯田市ならではの「あるある」がたくさんあります。

焼肉店一覧を見る >

贅沢な新鮮ジビエが手に入る

山の恵みの中で、いまもっとも注目を浴びているのが
ジビエ(gibier)です。
ジビエとは野生の狩猟肉をさすフランス語で、
日本では一般的に「山肉」と呼ばれています。

昔から、人間にとって大切なタンパク源でした。
山肉は「臭い」「クセがある」という先入観は、
いまや過去のものになりました。
腕の確かな猟師と料理人の手にかかれば、
ジビエの味わいはまさにクセになる美味しさです。
ジビエ料理は、山に囲まれ、新鮮な山肉が手に入る南信州地域ならではの贅沢なのです。

焼肉店一覧を見る >

精肉店が焼肉道具セットを配達

一部の精肉店では、電話一本で鉄板・コンロ・ガスボンベを含めた焼肉道具セットを運んできてくれる
独自のサービスを展開しています。
電話で時間や場所を伝えれば、
準備から片付けまでやってもらえます。
しかも、一人1,000円~と料金も安く、
野外で解放感のある焼肉を
手軽に楽しめるのが魅力です。

焼肉店一覧を見る >
page top